鈴鹿店

鈴鹿店 第弐回!!タイヤメーカー講座!!ピレリ編!!

投稿日: 2020.09.17
投稿者:

皆様こんにちわ!中村です!
好評かどうかはわからないけど、前回グッドイヤーをやったので、
今回はPIRELLI!
フォルツァのフロントタイヤ換えたし、前にピレリの特価スタッドレス紹介しましたので。
というわけでいってみよう!!

~会社情報~
本社所在地:イタリア
製造タイヤ:四輪・バイク
キャッチコピー:POWER IS NOTHING WITHOUT CONTROL.
特徴:売上高世界ランク6位に位置するメーカーです。
創業は1872年!こちらもグッドイヤーに負けず劣らず長いです!F1等で聞き覚えのある方もおられるのでは?
最近ですと自転車のタイヤ開発もしているそうで、イタリアの何でも屋という印象を受けます(数年前に中国の企業に買収されてますが)
面白いなと思ったテクノロジーが「シールインサイド
発想はランフラットと同じなのですが、こちらはタイヤの構造自体は従来品と全く同じです。内側に塗ってある糊?クッション材?が異物をくるんで穴を開けないようにガードするんだとか。
もっともあくまで応急処置に過ぎないので過信は禁物です!
こちらの製品も比較的安価に入手できます!
サイトが若干見にくいのが難点…

~主な取扱商品~
サマータイヤ
①CINTURATOシリーズ (P1/P6/P7)

まずはピレリのコンフォート系タイヤから行きましょう!
コンフォート系といえばチンチュラートシリーズです!
コンフォート系に求められる安定性・快適性、さらにはウエット路面性能をハイレベルで実現しています!
ちなみに製造の際、CO2排出量を削減する新しい工法でつくられているのだとか。

P ZEROシリーズ

スポーツ系タイヤといえばP ZEROシリーズになります。
ピレリのスポーツタイヤはウエット路面での安定性に力を入れていて、公式ページでもそれをプッシュしてます。
雨天時でもしっかり効くスポーツタイヤをお探しでしたらP ZEROで決まり!

③SCORPIONシリーズ

SUV系のタイヤでしたらスコーピオン!!
オンロード系のSTRとオフロード系のATRがあります。

オールシーズン
CINTURATO ALLSEASON PLUS

ピレリにもオールシーズンタイヤあったんかい!!(調べるまで知らなかった)
グッドイヤーのベクターフォーシーズンスが凍結路面での安定性を重視しているのに対し、雪上やウエット路面での安定性を重視しています!

SCORPION VERDE ALL SEASON

SUVやクロスオーバー車のオールシーズンタイヤでしたらコチラ!
特性はチンチュラートオールシーズンプラスとほぼ同じで、
雪上・ウエット路面での安定性に主眼を置いています。

スタッドレスタイヤ
ICE ASIMMETRICO/ICE ASIMMETRICO PLUS

ピレリの普通車スタッドレスといえばコレ!
グッドイヤーと同じく、コチラも北海道で研究開発された日本向けチューンになっております!

SCOPION WINTER

こちらはSUV用スタッドレスです!
車重が重たいSUVでも安定した走行性能を確保!!

バイク用タイヤ
DIABLOシリーズ

ピレリのレーシングバイク用はディアブロという銘になっています!
ディアブロスじゃないよ
ガチガチのサーキット仕様のスーパーコルサ、スポーツ系のロッソ
ロッソをスクーター仕様にモディファイしたロッソスクーターという顔ぶれです!

⑨ANGLEシリーズ

街乗り仕様ならエンジェル!
ワタシもエンジェルスクーターを愛用してますが、どんな時でも安定し、滑るということが滅多に起きないです。
価格帯の割には国産タイヤと遜色ない性能なのでイチオシです!

⑩SCORPIONシリーズ

銘柄を見て「アレ?」と思われたアナタ
アナタは正しい。
そうなんです。ピレリはバイク・クルマ問わずオフロード系タイヤの銘柄をスコーピオンに統一しています!
安定感抜群!!

~まとめ~
全体的に安定性、特に雨天時の滑りにくさに主眼を置いて商品開発をしている感がありました。
ファルケンもそうですが、欧州ですと燃費より走行安定性のほうが大事みたいですね。
少し前までピレリ=走り屋のイメージがありましたが、どの製品も卒なくまとまっている感じです
ラベリングが一切ないのが惜しいところです!
とはいえ全体的にいい製品揃いなので一度試してみると面白いかもしれませんね!特にバイク用のディアブロ・エンジェルは是非つけてみてほしいです!!

では本日はここまで!!

プロフィール

関連サイト

UP GARAGE 東京タイヤ croooober
店舗プロフィールを開く

プロフィール

関連サイト

UP GARAGE 東京タイヤ croooober