タイヤの役割について

01
タイヤの役割として重要なものは、車の進行方向を前後左右へと進めていくという役割です。 タイヤが無ければ、車はいづれの方向にも進行することが出来ません。タイヤはステアリングと連動することによって、ハンドルをきれば右や、左に曲がるという動きが出来ますし、もちろん直進、後退も可能です。 タイヤが片方だけ破裂する等してしまうと、進行方向へまっすぐ行くことが出来ず、タイヤは車の部品の中でもとても重要な位置を占めているといえます。タイヤが前後、左右に進むために必要な構造として、タイヤの溝があります。タイヤに溝をつけることによってタイヤが地面を捉えるグリップ力を向上させて、タイヤがしっかりと地面を捉えることによってタイヤがスリップなどすることなく、動力をしっかりと伝えています。 タイヤの溝が減少してしまうと、グリップ力が低下してスリップなどの事故の原因になることから車を使用する際にはタイヤの点検は重要といえます。 また、タイヤのバランスが崩れているとまっすぐに走ることが出来ないといった事態になる場合もあることから定期点検の際などにも車のバランスが来るっていないかという点もしっかりと点検してもらうことが重要です。
02
タイヤの役割として快適な乗り心地を維持するという役割があります。 道路を走っていると、凸凹や段差といったものが必ずあってそういうところを走る際に、タイヤのおかげで快適な乗り心地が維持できているといえます。タイヤがクッションの役割を果たして、凸凹で弾んでしまっても、その衝撃をクッション性能で吸収してくれているために、快適な車内環境が維持できているといえます。 タイヤがベストな状態で維持されていなければこのクッション性能も損なわれてしまい乗り心地も悪いものとなってしまいます。たとえば、タイヤの空気圧が減ってしまって、タイヤ内にしっかりと空気が満たされていなければ、衝撃吸収能力が低下してしまい、凸凹や段差といったところを走行した際に通常の状態よりも衝撃が強くなる場合があります。 また、空気圧が減ってしまうと、タイヤから異音がなるなどして、それまで静かだった走行環境に急に雑音に包まれる場合もあります。快適性能を発揮するタイヤですが、タイヤの厚みを変えることによってその性能に変化が現れます。 タイヤの厚みが大きいタイヤを使用すれば快適性が上昇しますし、逆に薄い厚みのタイヤを使用すれば快適性という面では突き上げが強くなって快適性が損なわれます。
03
タイヤの役割として、自動車の加重を支えて、しかもしっかりと車を停止させるという役割があります。 車は1トン以上もの重さがある車がほとんどで、四本のタイヤで、車の重さとさらに乗車人員や荷物の重さも支えています。タイヤが無ければ当然走ることが出来ませんが、車輪を回して走行するという役割とともに、とても重い車の重さを支えながら、更に車を進行させるという役割を持っています。 1トンもの加重を支えるタイヤですから、タイヤを最適な状態に保っていないとタイヤ自体がすぐにだめになってしまいます。タイヤの空気圧を適正にしてこそ始めて重たい車を支えることが出来るのであって、タイヤの空気圧が減っていたりすると、車の重みを支えることが出来ず、さらに路面との摩擦も大きくなることから、タイヤが破裂してしまったりというトラブルが起こりかねません。 たった4本のタイヤで1トン以上の重さを支えるということは驚異的ですか、タイヤが高性能なために車は走り、それに乗る人間も快適な生活を享受できているといえます。 重たい車を支えるタイヤですから、タイヤ1本にかかる重量配分も適正に分配されている必要があり、ハンドルを握った時に左右にバランスがずれていないか等、車のバランスという面にはドライバーであれば配意しておく必要があります。

最近のコラム一覧