ホイールのオフセットについて

01

タイヤは車の走りに強く影響をもたらす大事なパーツです、最初に車を買ってから特に交換していないなんていう方も車検前に一度ご自分の車のタイヤの溝をチェックしてみてください、予想以上に減っているなんていうこともよくある話です、そうなったら早めに交換しないと大事故へとつながる危険もあります。
そんなタイヤにはホールオフセットと呼ばれる数値があります、ホイールオフセットとはホイールの中心と取り付け面との距離を表す数値で、どちら側にどれだけ距離があるかで決まります、ホイールの中心よりも外側に取り付け面がある場合はプラスオフセットといい、内側にある場合はマイナスオフセットといいます。
ですからタイヤ交換と同時にホイールも新しくしたいという時はこのホイールオフセットも気にする必用があります、プロの業者さんに聞くのもいいですが、自分なりにマッチングバランスの出し方などを調べておくのもいいでしょう。
オフセット値は小さくすることで左右のタイヤ間隔を広げることができますので安定させることができます、とはいっても広げ過ぎて車体からはみだしてしまうと違法になってしまう可能性もあり、車検に通らないこともありますので注意が必用です、あまりメカに詳しくない人はやはりタイヤ専門店や大手量販店、ディーラーさんなどに相談して適切なホイールを選びましょう。

02

ホイールオフセットとタイヤの関係性ですが、ホイールオフセット値が小さくなるほどタイヤやホイールは外側へと移動することになります、逆にホイールオフセット値が大きくなるとタイヤやホイールは内側へと移動していきます、ホイールオフセット値を誤るとタイヤがボディーからはみだしてしまったり内側に干渉したりしてしまいますので適切な値のホイールを取り付ける必要があります。
ホイールオフセットがたった10mm増えるだけでも影響は大きく、+10mmであれば単純に10mm車体の内側へ引っ込むことになります、この時にサスペンションなどの内側のパーツに干渉していないかどうかです、知らないうちに干渉していると故障の原因となってしまいますので注意しましょう。
逆に標準のホイールオフセット値よりも10mm減ったら今度は車体の外側へ10mm膨らむことになりますので、フェンダーに干渉する可能性もありますので車検に通らないことになりますので同じく注意が必用です。
見た目や走りの安定感で考えるとやはりぴったりなオフセットのホイールがベストな選択です、車のカタログデータから数値を割り出すこともできますし、車自体お持ちなのであれば実測することも可能です、よくわからないという方はディーラーさんや車用品店、タイヤ専門店などに聞いてみるといいでしょう。

03

車を長く乗り続けるとタイヤは何度か交換していると思います、毎回ディーラーさんで同じタイヤを頼んで交換しているのであればそれほど気になりませんが、自分でもっと安定して運転できるタイヤ、ホイールにしてみたいという方もいらっしゃるでしょう、そんな時インチアップせもっと固めの走りにしてみたい、ホイールの色を変えて見た目をドレスアップしたいなどいろいろ希望はあるものです。
ホイールを交換するとなるとまずはタイヤサイズを知ることから始まります、いくらインチアップしたいからといって大きすぎたら取り付けることは不可能です、どえくらいインチアップできるのかなど限度を知っておくといいでしょう、適切なサイズを知ってからこそホイールやタイヤ選びができるというものです。
ホイールにもホイールのオフセット値というものがあります、ホイールのオフセット値とはホイールの中心線とディスク面(取り付け面)までの距離をミリ単位で表した値で、この数値が大きいほど取り付け面が外側へと張り出すことになりますので、ホイールやタイヤ自体は車体の内側へと寄っていきます、あまり内側になるとサスペンションなどに干渉してしまいますので適切なホイールオフセットのホイールを選ぶことが重用です。

最近のコラム一覧

こちらのフリーダイヤルは買取査定専用となり店舗には掛かりません。在庫問合せ等は直接店舗へお電話ください。